■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2007年三宅島プレツアー

三宅プレツアー 1日目ダイビング
2007年7月28日(土曜日)   

【1日目ダイビング】
宿舎で朝食、仮眠の後、早々に準備して三宅島初ダイブへ。
1本目は学校下。
溶岩に飲み込まれた学校の傍から、
岩場を乗り越えてエントリー。

そのとき、"バキッ!!!"と鈍い音が響きわたる。
1本も潜らぬうちからTのマスクフレームが破損。
フレキシブルマスクとなる。
更にはNさんもタンクバルブ開け忘れのお約束ボケ。
どこまでもトラブル続きである。

エントリーするとそんな不安も一気に吹っ飛ぶ澄んだ青の世界に、
黒潮直撃で水温も28℃と沖縄並の快適なコンディション。
ビーチエントリー直後から20~30mの透視度は圧巻です。
可愛らしいカゴカキダイのygに囲まれながら、ダイビングスタート。
伊豆では見慣れぬツムブリやクロユリハゼを見ながら奥へ進むと、
ミヤケスズメダイの卵守や、キツネベラのyg、
ヨゴレヘビギンポの婚姻色と旬な素材が盛りだくさん。
カンパチやキビナゴの群れもキレイな青に映えます。
更にはアオウミガメまで登場し、最高のスタートダイブとなりました。

2,3本目は三宅でもっともメジャーな大久保浜へ。
海水浴客も多く訪れるビーチポイント。
浅場でクダゴンベが見れるとあって、
喜び勇んでエントリー。
ところが、FさんのAIR兇らポコポコ泡が吹き出します。
一端は収まったかに見えたエア漏れも深度と共に悪化し、
遂には無念のエア切れ。
Fさんのオクトパスアセントは本ツアー最大のレア映像です。
オクトパスからエアを吸い、ライトも消えるトラブルの中、
黙々と撮影を続ける様はまさに執念。恐るべし。。。

岩場に佇むクダゴンベ

大久保浜の夕景


by tachi

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://smdc.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/9

16 queries. 0.020 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress