■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2018 八丈島セルフダイビングツアー

八丈島の1日目
2018年8月31日(金曜日)   


日時:2018831()92()

場所:八丈島

参加者:F見さん、S田さん、Y本さん、O

 

 SMDCの皆様

 

八丈島セルフツアー幹事のOです。

8月31日()〜9月2日()は、伊豆七島の八丈島へ潜りに行ってました。

下記にツアー報告を致します。

F見さん、S田さん、Y本さん、Oの4名で潜りに行きました。

★1日目:8月31日()

831()730分:羽田から八丈島へ出発●

8月31日()の朝4時過ぎに、羽田第2ターミナルへ到着・・・長い1日のはじまりです。

朝7時30分に羽田発のANAの1便にて、八丈島へ向かいました。

八丈島に到着したら、先ずは、スーパーに寄り道して、当日のお昼の食事をゲット。

現地ダイビングサービスへ行きまして、ダイビングの準備を開始。

20180831_八丈島_01.JPG

宿泊先に頼んでレンタルしたワンボックスを使って、タンクを積み込みました。

台風21号のうねりも入っている事も理由から、八丈島の南側にある旧八重根のビーチへ向かいました。

 ●●●831()1本目:旧八重根●●●

IN1053

OUT=1156

潜水時間=63

水温=28.0

平均水深=6.6メートル

最大水深=13.4メートル

●●●831()2本目:旧八重根●●●

水面休息=1時間10

IN1306

OUT=1413

潜水時間=67

水温=28.0

平均水深=10.6メートル

最大水深=17.8メートル

●●●831()3本目:旧八重根●●●

水面休息=1時間16

IN1529

OUT=1645

潜水時間=76

水温=28.2

平均水深=9.4メートル

最大水深=17.8メートル

60分を越えるダイビングについて、3本のビーチダイビングですが、水面休息時間をとりながら、実施しました。

20180831_八丈島_02.JPG

20180831_八丈島_03.JPG

20180831_八丈島_04.JPG

八丈島では、かなり良く観られる・・・や、ユウゼン等は、直ぐに観られました。

5メートルクラスの大きさのマダラエイも観ました。

但し、八丈島へ来た割には、台風のうねりも入っている事から、いまいちの透明度10メートル前後。

その点では、少し残念なダイビングでした。水温は、27℃程度でした。

20180831_八丈島_ハイビスカス.JPG

そう言えば、八丈島で観たハイビスカスの花、とても綺麗でした。

この花は、朝顔みたいな花であり、昼間は、花びらを広げますが、夕方には、花びらを閉じるのですよね。

不思議な花ですね。

831()17時以降:八丈島の観光開始/ふれあいの湯●

ダイビング後には、ふれあいの湯に入りまして、温泉を堪能。

831()17時以降:八丈島の観光開始/光キノコ鑑賞会●

宿で夕食を実施後は、夜の観光として、光キノコを観に行きました。

8月31日が、八丈島で開催する平成最後の光キノコの鑑賞会となる様でした。

<私は、過去に1度だけ観た事も有り、八丈島ビジターセンターで実施された・・・やはり珍しい鑑賞会でした。>

20180831_八丈島_05.JPG

光キノコの鑑賞会後は、宿に戻って、現地の焼酎を飲みました。

しかし、疲れていた事もあり、21時過ぎ、22時くらいまでには、全員が寝てしまいました。


by oda
[無題]
   



by oda
[無題]
   



by oda
[無題]
2018年9月1日(土曜日)   



by oda
[無題]
   


by oda
[無題]
   



by oda
2日目のダイビングは、3ボート!
   

★2日目:9月1日()

朝7時に朝食を食べて、2日目は、ボートダイビングに切り替える方針に変更。

実際、旧八重根のビーチにも、台風21号のうねりが強く入っていましたし、

最後の頼みの底土ビーチにも、工事船が入った結果で、

底土ビーチで潜る事が出来ない環境である事を現地ダイビングサービスから言われました。

そんな経緯も含めて、ビーチダイビングから、ボートダイビングに切り替えました。

●●●901()1本目:局長浜(ボート)●●●

水面休息=16時間12分

IN857

OUT=940

潜水時間=43

水温=27.4

平均水深=14.6メートル

最大水深=23.2メートル

●●●901()2本目:イデサリヶ鼻(ボート)●●●

水面休息=2時間01

IN1141

OUT=1241

潜水時間=60

水温=28.0

平均水深=11.8メートル

最大水深=16.8メートル

●●●901()3本目:アオズミ(ボート)●●●

水面休息=2時間03

IN1444

OUT=1534

潜水時間=50

水温=28.0

平均水深=15.2メートル

最大水深=22.8メートル

結果、3ボートダイビングを実施、局長浜、イデサリヶ鼻、アオズミと、

50分程度のボートダイビングを楽しみました。

透明度は、40メートル前後は、観えました。

八丈島ブルーですね。観られた生物も珍しい奴がオンパレードです。

20180831_八丈島_06.JPG

20180831_八丈島_07.JPG

20180831_八丈島_08.JPG

キンチャクガニ、クビナシアケウス、ヒメメンコヒシガニ

兎に角、キンチャクガニよりも、更に珍しい奴がオンパレードです。

実際に、3ボートダイビングと計画していたビーチダイビングに対しては、

約1万円程度の金額アップとなってしまいましたが、それ以上の効果、期待、かなり楽しめました。

3ボートダイビングが終わった後は、現地ダイビングサービスにて器材洗いを実施して、

宿の器材乾燥の場所にて、器材の乾燥・乾かしを実施した。

901()17時以降:八丈島の観光開始/ふれあいの湯●

その後に、観光として、八丈小島の景色と、宇喜多秀家と豪姫の像を観に行きました。

宇喜多秀家は、豊臣秀吉五大老のひとりで、関ヶ原の合戦以降は、八丈島へ島流しされた有名な戦国武将です。

20180831_八丈島_09.JPG

その後は、昨日と同じで、ふれあいの湯に入りまして、温泉を堪能。

宿で夕食を実施後は、宿に戻って、現地の焼酎を飲みましたが、疲れていた事もあり、

21時過ぎ、22時くらいまでには、全員が寝てしまいました。




by oda
見晴らしの湯が最後の観光!
2018年9月2日(日曜日)   


★3日目:9月2日()

朝6時に起きて、預け荷物の梱包を実施

902()7時過ぎ:八丈島の観光開始●

朝7時からは、朝食を食べて、観光を開始。

先ずは、宇喜多秀家の住んで居た場所を観に行きまして、行った皆さんからは、不評でしたが黒砂砂丘。

20180831_八丈島_黒砂丘.JPG

乙千代ヶ浜のダイビングポイントの様子を観に行きましたが、南西からの強い風と、台風21号のうねりに寄る物と思われますが、

かなり荒れた状況でした。潜水禁止の海ですね。

20180831_八丈島_10.JPG

その後に、裏見ヶ滝を観に行きました。さらに、中田商店のあしたば
ソフトクリームを食べました。

20180831_八丈島_浦見が滝.JPG

902()1030分:八丈島の観光開始/見晴らしの湯●

見晴らしの湯に10時30分頃に到着してから、約20分の温泉を楽しみました。

20180831_八丈島_見晴らし温泉.JPG

902()1405分:八丈島からへ羽田へ出発●

その後は、八丈島空港の近くで、島唐チャーハンを昼飯として食べて、

八丈島空港からの14時05分発のANAの2便で羽田空港へ戻りました。

羽田空港で荷物を受け取ったところで、15時過ぎとなりますが、自然解散をしました。

まあ、この様な感じでした。とりあえず、無事に八丈島から帰宅しました。


by oda
[無題]
   



by oda
[無題]
   





by oda

40 queries. 0.097 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress