■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2018 八丈島セルフダイビングツアー

2日目のダイビングは、3ボート!
2018年9月1日(土曜日)   

★2日目:9月1日()

朝7時に朝食を食べて、2日目は、ボートダイビングに切り替える方針に変更。

実際、旧八重根のビーチにも、台風21号のうねりが強く入っていましたし、

最後の頼みの底土ビーチにも、工事船が入った結果で、

底土ビーチで潜る事が出来ない環境である事を現地ダイビングサービスから言われました。

そんな経緯も含めて、ビーチダイビングから、ボートダイビングに切り替えました。

●●●901()1本目:局長浜(ボート)●●●

水面休息=16時間12分

IN857

OUT=940

潜水時間=43

水温=27.4

平均水深=14.6メートル

最大水深=23.2メートル

●●●901()2本目:イデサリヶ鼻(ボート)●●●

水面休息=2時間01

IN1141

OUT=1241

潜水時間=60

水温=28.0

平均水深=11.8メートル

最大水深=16.8メートル

●●●901()3本目:アオゾミ(ボート)●●●

水面休息=2時間03

IN1444

OUT=1534

潜水時間=50

水温=28.0

平均水深=15.2メートル

最大水深=22.8メートル

結果、3ボートダイビングを実施、局長浜、イデサリヶ鼻、アオズミと、

50分程度のボートダイビングを楽しみました。

透明度は、40メートル前後は、観えました。

八丈島ブルーですね。観られた生物も珍しい奴がオンパレードです。

20180831_八丈島_06.JPG

20180831_八丈島_07.JPG

20180831_八丈島_08.JPG

キンチャクガニ、クビナシアケウス、ヒメメンコヒシガニ

兎に角、キンチャクガニよりも、更に珍しい奴がオンパレードです。

実際に、3ボートダイビングと計画していたビーチダイビングに対しては、

約1万円程度の金額アップとなってしまいましたが、それ以上の効果、期待、かなり楽しめました。

3ボートダイビングが終わった後は、現地ダイビングサービスにて器材洗いを実施して、

宿の器材乾燥の場所にて、器材の乾燥・乾かしを実施した。

901()17時以降:八丈島の観光開始/ふれあいの湯●

その後に、観光として、八丈小島の景色と、宇喜多秀家と豪姫の像を観に行きました。

宇喜多秀家は、豊臣秀吉五大老のひとりで、関ヶ原の合戦以降は、八丈島へ島流しされた有名な戦国武将です。

20180831_八丈島_09.JPG

その後は、昨日と同じで、ふれあいの湯に入りまして、温泉を堪能。

宿で夕食を実施後は、宿に戻って、現地の焼酎を飲みましたが、疲れていた事もあり、

21時過ぎ、22時くらいまでには、全員が寝てしまいました。




by oda

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://smdc.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/415

16 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress