■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2021 ドライスーツレンタルしての大瀬崎日帰り(2回目)

大瀬崎湾内で4本のダイビング
2021年4月18日(日曜日)   


今期第2回目開催:伊豆半島をドライスーツで潜る日帰りツアー幹事のOです。

418()に、N澤さんと、自分の2名で西伊豆の大瀬崎湾内で4本潜りました。

ちなみに、前日417日の土曜日の海洋公園は、潜水注意でオープンしていました。

20210418oose01.JPG

ちなみに、当日の418日の日曜日の海洋公園は、潜水禁止でした。

20210418oose02.JPG

今回、コロナウィルス感染を念頭に考えてのソーシャルディスタンスを守りながらのダイビングとなります。

 

418()●

 

朝は、自宅を3時に出発。N澤さん宅へ向かいました。

・朝430分頃には、N澤さん宅に到着済み。

そこから、海洋公園は無理みたいな海洋でした。残念です。

その点からも、大瀬崎まで向かって、朝7時過ぎ頃に大瀬崎へ到着。ダイビング準備開始。

20210418oose03.JPG

<潜る前の様子:N澤さんです。>


●●1本目:大瀬崎・湾内●IN_800 ⇒ OUT_840

 ・水温₌16.8

 ・透明度₌10~6m

 ・最大水深₌21.6m

 ・平均水深₌11.0m

 ・潜水時間₌40

 ・観た水中生物:夜叉ハゼ。

20210418oose04.JPG

<夜叉ハゼ>

20210418oose05.JPG

<水面休息中の様子:中澤さんです。>

 

●●午前:2本目 大瀬崎:湾内●IN_939 ⇒ OUT_1029 水面休息₌59分>

 ・水温₌16.8

 ・透明度₌10~4m

 ・最大水深₌24.4m

 ・平均水深₌13.4m

 ・潜水時間₌50

 ・観た水中生物:カエルアンコウ()、コノハガニ、コノハミドリガイ、ツノザヤウミウシ、ソウシカエルアンコウ、トウシマコケギンポ。

20210418oose06.JPG

<カエルアンコウ()

20210418oose07.JPG

<コノハガニだと思われる。>

20210418oose08.JPG

<コノハミドリガイ>

20210418oose09.JPG

<ツノザヤウミウシ>

20210418oose10.JPG

<トウシマコケギンポ>

20210418oose11.JPG

<水面休息中の海の様子:西風が強くて湾内の水面が流れている様子です。>

 

●●午後:3本目 大瀬崎:湾内●IN_1203 ⇒ OUT_1254 水面休息₌1時間34分>

 ・水温₌16.8

 ・透明度₌10~4m

 ・最大水深₌25.0m

 ・平均水深₌13.0m

 ・潜水時間₌51

 ・観た水中生物:カエルアンコウ(白、3)、ソウシカエルアンコウ(1215クラス)、夜叉ハゼ、カエルアンコウ(黄、3)

20210418oose12.JPG

<カエルアンコウ()

20210418oose13.JPG

<ソウシカエルアンコウ>

20210418oose14_1.JPG20210418oose14.JPG

<夜叉ハゼ>

20210418oose15.JPG

<水面休息中の陸の様子:富士山が綺麗な様子です。>

●●午後:4本目 大瀬崎:湾内●●IN_1457 ⇒ OUT_1545 水面休息₌1時間54分>

 ・水温₌17.0

 ・透明度₌10~4m

 ・最大水深₌23.6m

 ・平均水深₌11.4m

 ・潜水時間₌48

 ・観た水中生物:カエルアンコウ(黄、3)、ボラの群れ、アカシマシラヒゲエビ。

20210418oose16.JPG

<カエルアンコウ()

20210418oose17.JPG

<アカシマシラヒゲエビ>

20210418oose18.JPG ⇒ 20210418oose19.JPG ⇒ 20210418oose20.JPG ⇒ 20210418oose21.JPG

<N澤さんの海の中での様子>

20210418oose22.JPG

<ダイビング終了後の陸の様子:富士山が綺麗な様子です。>

4本目が終わった時点で、N澤さんですが、かなりお疲れモードでした。

18時過ぎには、器材撤収して、大瀬崎を出発です。

19時頃には、N澤さんと話し合いで、函南の「KIYA」で夕食を致しました。

20210418oose23.JPG

<夕方19時頃には、夕食として、熱函の熱海峠を越える前に「KIYA」にて、こんなものを食べました。>

20210418oose24.JPG

<私は、「KIYA」にて、カニクリームコロッケを食べて、美味しかったです。>

その後、函南から熱海越えして、熱海を通過したあたりから、私も少し眠くもなったので、

少しだけ仮眠をしてから、再度、運転を開始しました。

今回は、小田原を過ぎたあたりから、バディのN澤さんは、御自分の御自宅まで寝続けていました。

1時間ぐらいは、隣の席で寝続けておりました。ここまで寝ると凄いとも感じました。

最終的には、N澤さんをご自宅へ送り届けてお別れしました。

22頃には、N澤さんを送り届けました。

私は、当日の夜中24時頃には、自宅へ帰り着きました。

ちなみに、今回も、GOTOトラベル等も無いのですが、

KIYA夕食+移動費+4ビーチダイビングの総額ですが、それでも、それなりに安くなりました。

ドライスーツのレンタルも無いので、おおまかに合計●万●千円程度の金額となりました。


by oda

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://smdc.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/498

16 queries. 0.099 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress