■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2019 伊豆半島日帰りダイビングツアー(IOP)

IOPで3本のダイビングです。
2019年8月31日(土曜日)   


SMDCの皆様


 


伊豆半島日帰りで海を楽しむツアーの幹事の小田です。


 


831()となりますが、


Fさん、Mさん、Tさん、Sさん、:以上の4名と一緒に・・・


伊豆半島、大瀬崎日帰りセルフツアーと題して潜りに行って来ました。


 


●簡単に御報告を入れさせて頂きます。


 


今回は、南西風が吹き続けて、東伊豆の海洋公園が安定して静かな環境と予測する事が出来た理由から、


とりあえず、金曜日ですが、現地への予約を入れて海洋公園へ向かう事と致しました。


 


●朝300分に自宅を出発。


 


●朝330分ぐらいに、東京都小平市でFさんをピックアップ。


 


●朝410分ぐらいに、東京都町田市でMさんをピックアップ。


 


●朝455分ぐらいに、ソニー厚木寮にてTさん・Sさんをピックアップ。


 


川奈のそばのセブンイレブンには、朝650分頃には到着、


そこで、お昼に食べる予定のカップヌードル等を買いました。


 


●朝730分ぐらいには、現地である海洋公園に到着。


 


先ずは、塚本さんが7本目のファンダイビングの始めとなる理由から、先ずは、海洋公園のプールにて皆さんでシュノーケリングをやって頂きました。


私の予想通りに、南西風の予想通りに海洋公園が凪の状態であったので安心をしました。


 




 


先ずは、着替えている途中の海洋公園のジャグジーでの画像です。


 




 


プールで、先ずは、軽器材に慣れてい頂いている途中の画像です。


塚本さんだけ、プールで軽器材に慣れさせるだけだとかわいそうなので、全員で簡単にプールでシュノーケリングです。


 


●海洋公園にて1本目のダイビング。


 


バディは、


1Tさん、Sさん、2Mさん、Fさん


と致しました。


 


1本目のダイビングは、先ずは、経験本数の少ない塚本さんにダイビングに慣れて頂く様に、


あまり深く無い水深を泳いで頂きましたが、他の方とのエアの無くなり具合も差がつきました。


これは、仕方が無いです。


ちなみに、カエルアンコウが居るところまで行きましたが、見つける事は出来ませんでした。


このダイビングで観れたのは、サザナミヤッコの幼魚ぐらいですね。


 


透明度=128メートル。


水温=21.6度。


 


IN=914


OUT=951


潜水時間=37


最大水深=13.4メートル


平均水深=6.6メートル


 


観た魚は、サザナミヤッコの幼魚、アオブダイ、トウシマコケギンポ


 




 


<サザナミヤッコの幼魚>


 


●水面休息時間は、1時間32分。


 


最低、必要と感じる水面休息の時間はとりました。


約1時間30分は、1本目がそれほど深く無い事から、最低必要な水面休息の時間ですね。


 




 


ジャグジーでゆったりと温泉につかる様なイメージで・・・Fさん、Sさん、Mさんは、ゆっくりと過ごしました。


 




 


Tさんは、やはり、最初の1本目が慣れない事から、


ダイビング1本目が終わった直前から、爆睡を開始しました。


30分から1時間は寝てましたね。


 


●海洋公園にて2本目のダイビング。


 


2本目のダイビングは、1本目のダイビングで、ある程度の体も慣れて来たと思われるので、


砂地に降りましたが、何だか流れていたので、直ぐに1の根へ逃げて、カエルアンコウの居る場所へ移動。


2匹居るカエルアンコウの内、1匹のイロカエルアンコウのみ探せました。


オオモンカエルアンコウは、探せなかったです。


 


透明度=158メートル。


水温=20.8度。


 


IN=1123


OUT=1210


潜水時間=47


最大水深=19.2メートル


平均水深=8.6メートル


 


観た魚は、メガネスズメダイ、クマノミ、卵を守るソラスズメダイ、イロカエルアンコウ、ヒトデヤドリ海老、ノコギリヨウジ、乙姫海老、トウシマコケギンポ、ニアミラウミウシ。


 




 


<ニアミラウミウシ>


 




 


<ヒトデヤドリ海老>


 




 


<イロカエルアンコウは、獲物が来るのをじっととまってました。>


 


●水面休息時間は、2時間35分。


 


この水面休息の時間に、お昼の食事を致しました。


食べた後は、ぼんやりと昼寝する方も居たりしました。塚本さんですね。


私は、伊豆大島ハイキングの企画について、


皆さんに御説明をしたりして、実施する日程を取り決めてました。


とりあえず、この2時間30分は、ゆっくりと、水面休息の時間として過ごしました。


 


●海洋公園にて3本目のダイビング。


 


3本目のダイビングは、クエ穴のそばに居るハナタツと、カエルアンコウを探しに行きました。


やっとこさ、イロカエルアンコウのそばに居るオオモンカエルアンコウも探せて観れました。


 


透明度=128メートル。


水温=19.4度。


 


IN=1445


OUT=1528


潜水時間=43


最大水深=24.6メートル


平均水深=8.0メートル


 


観た魚は、ハナタツ、オオモンカエルアンコウ、イロカエルアンコウ、乙姫海老、メガネスズメダイ、サザナミヤッコの幼魚、トウシマコケギンポ。


 




 


<ハナタツ>


 




 


<2本目で観たイロカエルアンコウは、今度は動き回ってました。>


 




 


<オオモンカエルアンコウ>


 




 


<メガネスズメダイ>


 


3本を潜り終わった後には、器材を洗ったり、器材を乾わかしたり、ログをつけたりしてました。


 




 


17時頃には、海洋公園を出ました。


 


ケニーズハウスへアイスを食べに行きましたが、残念ながら準備中でした。


コーヒー牛乳を飲みました。


お腹も空いていたので、お食事にする事として、太田水産へ食べに行きました。


 


18時頃から、川奈のそばの太田水産にて夕食。


 




 


私が食べたのは、ねぎとろ丼です。いつもの様に、ここは、美味しいです。


19時頃には食べ終わりました。


 


2130分頃でしたか、Sさんをソニー厚木寮へ送迎完了。


 


2200分頃に、終電の事も考慮して、Tさんを本厚木駅へ送迎完了。


 


2240分頃に、Mさんを町田の御自宅付近へ送迎完了。


 


23時過ぎにには、Fさんを小平の御自宅付近へ送迎完了。


 


2405分頃には、自宅に帰り着きました。


 


以上の様な海洋報告となります。


3本潜った事から、費用は、1万円を少しオーバーする費用程度の金額となりました。


 


 


 


by oda

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://smdc.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/453

16 queries. 0.111 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress