■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2010年ロタツアー 

ロタツアー最終日
2010年5月9日(日曜日)   

とても楽しかったロタツアーもとうとう今日が最終日

なのに、最後の最後で大変な1日だった。けど、今思い起こすといい思い出。

荷物を片付けようと早起きすると、なんだか暗い・・・。
カーテンを開けてみると・・・・。
昨日までのいい天気とは打って変わって、厚ぼったい黒い雨雲が、空いっぱいに広がっていた・・・。

今日、ロタからサイパンに飛んで、サイパンでの乗り継ぎ時間を利用して、サイパン島最高地点である、タポチョ山へのドライブなのに。
なお、チャーターした車は1台で、車内に座れるのは4人、他9人は荷台で「ドナドナ」状態の「お荷物扱い*1」で運んでもらう予定なのに・・・雨なんてマズイ。
(*1 サイパンでは、荷台に人を乗せて運んでも違法ではない、が、荷物扱いとなり事故や負傷しても荷物なので保険の対象外らしい)

いまさらキャンセルはできないし、対応策をツアーガイドに相談しようにも、それができない。
・・・というのも、なんせ、このツアーガイドには、まったく電話が通じない、なぜか常に留守電状態でメールでしか連絡が取れないとう事態。
(商売する気あるのかな〜? しかも、「折り返し電話お願い」と留守電に入れても一度も連絡なかった)

「ロタとサイパンは1時間のフライト分の距離。たぶんサイパンは晴れてる」そう信じ込むしかなかった。

ロタホテルを出て空港に向かうと、それはもう恐ろしく強打の雨が車を打ったほどだった。
ますます心配になり、テンションが下がり気味。
しかし、もっとテンション下がったのは、この後。

さて、空港でチェックインをすると、フリーダム航空の係員が手続きにテンパって「Oh Jesus!!」と叫ぶ始末。
なんとも手際の悪いこと・・・。
そして、手渡された搭乗券には、私にだけ、何やら「SSSS」と手書きされていた。
この4Sこそ、選ばれし者であることの証拠。
何に選ばれたかったって??セキュリティーチェックの抜き打ちチェック。

ロタでの手荷物検査は、往路(サイパン→ロタ)でのノーチェックでの搭乗とは打って変わって、恐ろしく厳しいチェック体制。

X線チェックを終えた手荷物は、なぜか私の分だけ、隔離されてなかなか返してくれない・・・。
間もなく、ガッチリしたチョモロ人男性スタッフ2人に呼ばれ、別部屋へ連れて行かれ、容赦なく「激しい」ボディーチェックを受けた後、
なんと、こともあろうに、バック類をすべて開けて、すべてのアイテムについて、紙切れ(検査紙)をこすりつけて、その検査紙に付着した成分について、化学でいう元素分析っぽいことをされる羽目に・・・。
たぶん、薬物、爆発物チェックだろうけど、ガイドブックのページをパラパラめくりながら紙切れをこすりつける程の徹底ぶりには閉口。

その過程で、いろいろ質問されて、解放されたことには、すでに搭乗予定時間後だった。
で、その質問内容はというと、業務とは全く関係がなく・・・
「家族はいるのか」、「独身?」、「なら、今度俺が主催するパーティーに来いよ」、「いい女紹介するぜ」・・・・
「そんなことどうでもいいかなら、口動かして手を休めるな!、早く終わらせろー」と思いつつも、ご機嫌をとってさっさと終えてほしい一心で真面目(?)に尋問に答えた。

さて、搭乗。
と指定された席に向かうと、そこには、Uさんがちょこんと座っていて、
「私(Uさん)の席ここだけど・・・・。」
私(T)の席もここなのだが・・・、あたり見渡してもほぼ満席、ってことは、まさかまさかのOver Booking?
再度しっかりと見渡すと、最前列の一席があいていたので、ひとまず陣取った。

さて、サイパン空港からガラパン地区のハファダイビーチホテルへ。
「ちゃんとツアーガイドの人くるかな〜」と心配だったが、無事、ガイドに会えて、さあ出発。
荷台は予想通りの窮屈さでした。(荷台に乗った皆さんごめんなさい・・・・)

天気はなんとか持ちこたえ、曇/晴 といった感じ。
晴れ渡っていたら、荷台に乗った方々は丸焦げだったと思うので、天候としては良かったのかも。
前回レンタカー(セダン)でタポチョ山山頂を目指したときは、想定外の悪路だったこともあり、かなりきつかったが、
今回は、ジープ仕様なので、かなり安全に山頂に到着。
前回レンタカーであきらめて折り返した地点は、山頂までのこり数百mの地点であり、その地点から見えていた電波柱が、タポチョ山山頂のゴールだった。

山頂からは、島全体が見渡せる、まさに、360℃ビューポイント。
戦時中、日米両軍が、ここを重要拠点として、争った理由もよくわかる。
ここから眺めれば、敵の動きは一目瞭然。
なお、このあたりには、戦争で亡くなった日米両兵士の遺体が埋葬されないままになっているらしい。
山頂にマリア像があるのもうなづける。

ガラパン地区に戻り、サイパン空港に戻り、今度は嫌がらせもなくセキュリティーチェックを終え、帰国した。

が、しかし、成田で預け荷物を受け取り、荷物整理をしようと開けてみると、恐ろしいほどごっちゃごちゃ。
「TSAからの通知」と書かれた紙が入っており、内容を読むと、
どうやら預け荷物を開けられ、検査されたらしい。
・・・どおりで、ごっちゃごちゃになってるわけだ。

とこのようにして終わった、ロタツアー。
最終日はさておき、他の日は本当に楽しい、うれしい、感動の連続でした。

以上


by plateau

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://smdc.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/114

16 queries. 0.022 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress