■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2021 海洋公園⇒大瀬崎合宿(今期4回目)

1日目 海洋公園
2021年7月17日(土曜日)   

幹事のOです。

一緒に潜ったメンバーからのコロナ感染等の報告も無い事も合わせて御報告を入れさせて頂きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回の参加予定者は、M脇さん、Y下さん、Y田さん、Oの4名で潜りに行きました。

朝のピックアップとしては、自分は、朝300分に自宅を出発しました。

400分頃には、Y田さんをピックアップしました。

430分頃には、Y下さんをピックアップしました。

520分頃には、M脇さんをピックアップしました。

6時頃には、湯河原−熱海間の国道が先日の土砂崩れで通行止めとなっており、熱海ビーチラインが通行可能となり、何とか通過が出来る様になってました。

東伊豆の海を観た感じでは、静かな状態であると判断する事が出来たので、そのまま、海洋公園へ向かいました。

730分過ぎぐらいには、現地に到着しました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2021717()●東伊豆:海洋公園ビーチ

天気:曇りのち晴れ、ほぼ無風

先ずは、1本目を潜る前に海洋公園のプールにて、シュノーケリングの練習を実施して、海へ入る前の準備運動を致しました。

717_IOP_01.JPG

<海洋公園のプールでの様子 1

717_IOP_02.JPG

<海洋公園のプールでの様子 2:※但し、SMDCの旗はさかさま状態です。たぶん、わざとやっているのでしょう。()

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●●1本目 海洋公園●●<IN_846 ⇒ OUT_929

 潜水時間=43

 水温=20.8

 平均水深=13.4メートル

 最大水深=29.8メートル

 透明度=82メートル

 観た魚=毘沙門エビ、イボイソバナガニ、ヒラメ(60)、トウシマコケギンポ、クマノミ。

717_IOP_03.JPG

<毘沙門エビ>

717_IOP_04.JPG

<イボイソバナガニ>

717_IOP_05.JPG

1本目―2本目の間の水面休息の時間についても、海洋公園のプールにてシュノーケリングを楽しみました。>

●●2本目 海洋公園●●<IN_1155 ⇒ OUT_1239

 水面休息=2時間26

 潜水時間=44

 水温=20.0

 平均水深=12.0メートル

 最大水深=30.2メートル

 透明度=83メートル

 観た魚=毘沙門エビ、イボイソバナガニ、モクズショイ、トカラベラの幼魚、カンムリベラの幼魚、トウシマコケギンポ、クマノミ。

717_IOP_06.JPG

<モクズショイ>

717_IOP_07.JPG

<海洋公園の出店しているお店のダイバーズランチを食べました。>

717_IOP_08.JPG

<干潮となってきた事でやや波が高くなってきましたが、この日は、このあたりでダイビング終了>

717_IOP_09.JPG

<まだまだ混雑が本格的で無い海洋公園でした。>

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

15時過ぎに、伊豆海洋公園より出発して、ケニーズハウスで「ソフトクリーム」を食べました。

その後、サンライズ大瀬崎へ向かいました。

18時過ぎに、サンライズ大瀬崎へ到着して、19時頃には、夕食を食べ始めました。

717_IOP_10.JPG

<大瀬崎の18時頃の様子>

717_IOP_11.JPG

<M脇さん、Y下さんの夕食の様子:※アクリル板がある為、何となく歪んでみえますね。これは、仕方が無いです。>

717_IOP_12.JPG

<サンライズ大瀬崎の夕食の内容>

夜は、21時過ぎには、ログ付け等を終わらせて、翌日に備える事としました。

翌日は、朝6時過ぎから準備して、早朝ダイビングを実施してから、朝の食事をする事にしました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


by oda
2日目 大瀬崎
2021年7月18日(日曜日)   

幹事のOです。

2日目の大瀬崎です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2021718()●西伊豆:大瀬崎湾内 

天気:快晴。ほぼ無風からの弱い西風。

●●1本目 大瀬崎湾内●●<IN_710 ⇒ OUT_801

 水面休息=18時間31

 潜水時間=51

 水温=22.8

 平均水深=11.0メートル

 最大水深=21.6メートル

 透明度=1510メートル

 観た魚=ミジンベニハゼのペア、コウベダルマガレイ、毘沙門エビ、アキアナゴ、ホタテツノハゼ、残念ながら・・・夜叉ハゼは穴のみ。

7_18_oose_01.JPG

<ミジンベニハゼ>

7_18_oose_02.JPG

<毘沙門エビ>

7_18_oose_03.JPG

<ホタテツノハゼSp

7_18_oose_04.JPG

<手前から、Y下さん、Y田さん、M脇さん、3人の湾内の水深10m近辺での様子 1>

7_18_oose_05.JPG

<手前から、Y下さん、Y田さん、M脇さん、3人の湾内の水深10m近辺での様子 2

●●2本目 大瀬崎湾内●●<IN_943 ⇒ OUT_1045

 水面休息=1時間42

 潜水時間=62

 水温=24.6

 平均水深=8.2メートル

 最大水深=20.8メートル

 透明度=1210メートル

 観た魚=オオモンカエルアンコウ()、大海馬(黄色、幼魚)、カエルアンコウ(ゼブラ模様)、アオリイカの子供、マダイ。

7_18_oose_06.JPG

<オオモンカエルアンコウ:10cmクラス、白>

7_18_oose_07.JPG

<大海馬:10cmクラス>

7_18_oose_08.JPG

<カエルアンコウ:ゼブラ模様、15cmクラス>

●●3本目 大瀬崎岬の先端●●<IN_1257 ⇒ OUT_1341

 水面休息=2時間12

 潜水時間=44

 水温=24.6

 平均水深=13.4メートル

 最大水深=23.8メートル

 透明度=1510メートル

 観た魚=ソロスズメダイの群れ、大海馬(20、灰色)

7_18_oose_09.JPG

<大海馬(20cmクラス、灰色)

7_18_oose_10.JPG

<左からY下さん、M脇さん、Y田さん、3人の岬の先端の水深5m近辺での様子>

7_18_oose_11.JPG

<Y下さんの岬の先端の水深5m近辺での様子>

7_18_oose_12.JPG

<手前がM脇さん、奥がY田さん、2人の「岬の先端」の水深5m近辺での様子>

7_18_oose_13.JPG

<大瀬崎の様子 1

7_18_oose_14.JPG

<大瀬崎の様子 2

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

16時頃に、大瀬崎を出発しました。

1730分頃に、先日の熱海の土砂崩れで、混雑中の熱海ビーチラインに到着。

1時間程度でこのビーチラインを通過。

19時過ぎぐらいに、小田原漁港のわらべ菜魚洞に到着。

7_18_oose_15.JPG

<小田原漁港のわらべ菜魚洞の外観の様子 1

7_18_oose_16.JPG

<小田原漁港のわらべ菜魚洞の外観の様子 2

7_18_oose_17.JPG

<Y田さんの夕食>

7_18_oose_18.JPG

<Y下さんの夕食>

7_18_oose_19.JPG

<M脇さんの夕食>

7_18_oose_20.JPG

<私は、このお店では、お決まりのいつもの生姜焼きの夕食です。>


20時頃に、わらべ菜魚洞での夕食が完了。

途中、その後に、清算実施。

<わらべ菜魚洞の夕食費用ですがとても高くて、その点では、びっくりしました。:下記の差額は、基本は、わらべ菜魚洞で食べた金額の差です。>

5本のダイビングで、M脇さんが、2万●千円程度。Y下さんが、2万●千円程度。Y田さんが、2万●千円程度。>

20時過ぎ頃に、M脇さんを送迎完了。

21時頃に、Y下さんを送迎完了。

21時過ぎ頃に、Y田さんを送迎完了。

夜中の23時頃に、小田は自宅に到着しました。お疲れ様でした。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

以上です。


by oda

16 queries. 0.066 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress