■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2019 八丈島セルフダイビングツアー

東海汽船で八丈島へ
2019年8月22日(木曜日)   


SMDCの皆さん


 


八丈島セルフダイビングツアー幹事のOです。


 


822()の夜に竹芝発の東海汽船で八丈島へ向かいまして、


825()の夜に竹芝着の東海汽船で八丈島から戻りました。


 


Nさん、Eさん、Aさん、:以上の3名と一緒に・・・


伊豆七島、八丈島セルフツアーと題して潜りに行って来ました。


 


●簡単に御報告を入れさせて頂きます。


 


今回も、台風の進行を心配しましたが、先週末の様な酷い天候では無かったので、


八丈島まで行きまして、ダイビング、観光、温泉、宴会といろいろと楽しんで来ました。


 


1日目◆


 


●夜2230分に竹芝から東海汽船の橘丸にて八丈島へ向かいました。


 


 行きの船の部屋は、ゆったりと過ごしたり、夜景を観たり、夜は、1330分頃まで飲んで過ごしました。


by oda
底土を3本
2019年8月23日(金曜日)   


 


2日目◆


 


●朝920分ぐらいに、八丈島の底土港に橘丸が到着です。


 




 


到着した時の様子です。東海汽船の橘丸をバックに撮影です。


 


●朝9時過ぎには、現地のダイビングショップ:レグルスにてダイビング準備開始。


 




 


●底土ビーチにて1本目のダイビング。


 


透明度=3020メートル。


水温=28.8度。


 


IN=1057


OUT=1151


潜水時間=54


最大水深=15.6メートル


平均水深=8.8メートル


 


観た魚は、テングダイ7匹、レンテンヤッコ、コロダイの群れ、フタスジリュウキュウスズメダイの幼魚


 


●水面休息時間は、1時間09分。


 


最低、必要と感じる水面休息の時間はとりました。


 


●底土ビーチにて2本目のダイビング。


 


透明度=2520メートル。


水温=28.8度。


 


IN=1300


OUT=1403


潜水時間=63


最大水深=15.6メートル


平均水深=8.8メートル


 


観た魚は、テングダイ7匹、レンテンヤッコ、亀2匹、コロダイの群れ、フタスジリュウキュウスズメダイの幼魚


 




 


<亀>


 


●水面休息時間は、2時間01分。


 


この水面休息の時間に、カップヌードルを食べました。


 


●底土ビーチにて3本目のダイビング。


 


透明度=2015メートル。


水温=28.6度。


 


IN=1604


OUT=1704


潜水時間=60


最大水深=15.4メートル


平均水深=8.0メートル


 


観た魚は、テングダイ7匹、レンテンヤッコ、バラクーダ2匹、コロダイの群れ、フタスジリュウキュウスズメダイの幼魚


 


1730分頃には、レグルスに戻って、シャワーを浴びました。


 


1830分頃には、宿経由となりますが、ふれいあの湯の温泉へ行きました。


 


19時頃には、宿にて夕食を食べました。


 


1930分頃には、光キノコを観察しに、八丈島ビジターセンターまで行きました。


 




 


 キノコを撮った画像です。30分ぐらいの観察でした。


 


●宿に戻ってからは、焼酎を飲みながら、夜中の12時過ぎぐらいまで飲んでました。


 




 


by oda
ボート2本、最後に底土1本
2019年8月24日(土曜日)   


 


3日目◆


 


●翌朝7時には、宿で食事を実施。


 


●朝8時には、現地のダイビングショップであるレグルスに到着


 


●神湊港からボートでボートポイントの『局長浜』にて1本目のボートダイビング。


 


透明度=5020メートル。


水温=28.8度。


 


IN=1016


OUT=1049


潜水時間=33


最大水深=30.2メートル


平均水深=14.2メートル


 


観た魚は、亀、つばめ魚(5)、ハタタテハゼ


 




 


<ハタタテハゼ>


 




 


<つばめ魚>


 




 


●水面休息時間は、2時間15分。


 


最低、必要と感じる水面休息の時間はとりました。


この水面休息の時間に、カップヌードルを食べました。


 


船は、明丸に乗りました。伝説の漁師と言われる赤間さんの船です。


 




 


●神湊港からボートでボートポイントの『アオズミ』にて2本目のボートダイビング。


 


 


透明度=4020メートル。


水温=28.8度。


 


IN=1304


OUT=1352


潜水時間=48


最大水深=21.0メートル


平均水深=13.4メートル


 


観た魚は、ミスジアオイロウミウシ、亀(3)、ユウゼン、つばめ魚(5)、ハタタテハゼ、ヒラムシ、タコ。


 




 


<ヒラムシ>


 




 


<ミスジアオイロウミウシ>


 




 


●水面休息時間は、1時間31分。


 


この水面休息の時間に、底土の海の家のたこ焼き等を食べました。


 


●最後は、底土ビーチにて3本目のダイビング。


 


 


透明度=2015メートル。


水温=28.8度。


 


IN=1523


OUT=1625


潜水時間=62


最大水深=15.6ートル


平均水深=9.6メートル


 


観た魚は、テングダイ7匹、レンテンヤッコ、亀2匹、コロダイの群れ、ユキダルマウミウシ、フタスジリュウキュウスズメダイの幼魚。


 




 


<フタスジリュウグウスズメダイの幼魚>


 




 


<ユキダルマウミウシ>


 


18時頃には、レグルスに戻って、シャワーを浴びました。


 




 


●ダイビングの清算も、この場で実施しました。


 


●土産物屋・あきにて、約20分の土産物を買う時間を設けました。


 




 


●宿に戻って、洗った器材を乾す為に干しました。約30分程度の時間です。


 


19時頃には、宿経由でふれいあの湯の温泉へ行きました。


 




 


19時頃には、宿にて夕食を食べました。


 


●宿に戻ってからは、焼酎を飲みながら、夜中の2時過ぎぐらいまで飲んでました。


 


by oda
東海汽船で八丈島から竹芝へ
2019年8月25日(日曜日)   


 


4日目◆


 


●私は、器材の梱包作業があるので、朝5時から起きて梱包を開始。


 


●翌朝7時には、宿で食事を実施。


 


●宿の清算も、この場で実施しました。


 


●朝8時には、宿を出て、レンタルしている車のガソリンを入れました。


 


●朝8時過ぎには、底土港へ行きまして、橘丸が来るのを持ちました。


 


●朝930分過ぎには、底土から東海汽船の橘丸に乗って、竹芝へ向かいました。


 


●途中、御蔵島、三宅島、伊豆大島と、寄港しました。


 


 三宅島から橘丸が出る際は、別れを惜しむ様子もありました。


 




 


 東海汽船の橘丸の船の中では、食べたり、寝たりしながら過ごしました。


 




 


 橘丸から観えた夕焼け、それを観ながら飲むビール等は、とても旨い様でした。


 




 


●夜9時前ぐらいに竹芝港に到着。


 


 竹芝に到着したので、ここで解散と致しました。


 




 


●自分は、いろいろとあって・・・2450分頃に自宅へ帰り着きました。


 


以上の様な海洋報告となります。 次回の今週末の土曜日は、伊豆日帰りの旅です。


by oda

22 queries. 0.134 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress