■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2023 熱海2本⇒大瀬崎2本⇒牧場観光 合宿(今期2回目)

大瀬崎湾内、2本目ダイビング
2023年4月23日(日曜日)   

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

9時ぐらいに、全員で朝食。

20230423_16.JPG
サンライズ大瀬崎での朝食

 

2本目については、北東風であった理由からも、珍しく外海で潜る提案をしました。

私は、早朝を潜って無い、K島さん、K谷さんに対して、上記の提案をしました。

その結果、外海に入ったら、どうせ、いつもの通りに、ガンガンと泳ぐと思われるので、

それならば、あまり泳がない方向で、珍しい水中生物が観たいとの希望を頂きました。

和名がついていないヒレナガカサゴ属の未記載種の幼魚(黄金、1cmサイズ)の珍しい奴が観たいとの希望でした。

と、リクエストを言われました。そこで、2本目も同じ様なコースとなりますが、大瀬崎の湾内に入る事としました。

 

●大瀬崎湾内2本目ダイビング

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

20230424() 2本目 大瀬崎・湾内ダイビング

 

水面休息=01時間51

 

IN0954

OUT1049

潜水時間=55

水温=17.4

平均水深=11.8メートル

最大水深=19.2メートル

透明度=1208メートル

私の空気消費量=8.34

観た生物=トガリモエビ、ヒレナガカサゴの幼魚?(黄金、1cm)

カエルアンコウ(黄色、3cm)、オオモンカエルアンコウ(レモン色、5cm)、イロカエルアンコウ(白色、1cm)

大海馬、クマノミ、八丈ダツ(1cm)、コノハガニ、イワシの稚魚の群れ、ボラの稚魚の群れ。

 

20230423_17.JPGトガリモエビ

20230423_18.JPG大海馬

20230423_19.JPG水深14メートル近辺のイロカエルアンコウを撮ってました。 A

20230423_20.JPG水深14メートル近辺のイロカエルアンコウを撮ってました。 B

20230423_21.JPG2人がイロカエルアンコウを撮っている際にポーズ A

 20230423_22.JPG2人がイロカエルアンコウを撮っている際にポーズ B

 20230423_23.JPGカエルアンコウ 黄色 3cmサイズ

20230423_24.JPGヒレナガカサゴ属の未記載種の幼魚 1cmサイズのレア物です。

20230423_25.JPGオオモンカエルアンコウ レモン色 5cmサイズ

20230423_26.JPG八丈タツ 1cm未満のサイズ

20230423_27.JPGダイバーK谷さん

20230423_28.JPG水中での集合写真A

20230423_29.JPG水中での集合写真B

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

20230423_30.JPGサンライズ大瀬崎を出る前にスナップでの集合写真

 

今回、改めて、私は、ダイビングで水中生物を観るのがとても好きな事に気が付きました。

熱海のビタガ根あたりで潜るよりは、大瀬崎の湾内で安く潜る方が断然に好きみたいでした。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

以上です。


by oda

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://smdc.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/594

16 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress