■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2020 10月の黄金崎日帰りダイビングツアー

[無題]
2020年10月17日(土曜日)   

伊豆の日帰りダイビング幹事のOです。

10月17日(土)黄金崎へ、
Nさん、K川さん、K松さん、Kさん自分を含めた5名にて潜りました。
尚、あれから、約2週間が経過して、参加された全員が元気です。

今回のダイビングログを下記に示します。
 
今回も、コロナウィルス感染を念頭に考えてのソーシャルディスタンスを守りながらのダイビングとなりました。

●●● 10月17日(土) ●●●黄金崎●●●

朝は、自宅を3時前に出発。先ずは、K川さんをピックアップ、朝3時50分ぐらいに到着。
その後、Nさんをピックアップ、朝4時30分ぐらいに到着。
次に、平塚駅にて、K松さんをピックアップする為、平塚駅へ向かって、朝5時には平塚駅に到着。
朝5時30分ぐらいにK松さんと合流。
次のピックアップは、熱海駅となる為、熱海駅へ向けて出発。熱海駅には、朝6時30分頃に到着。
朝6時50分ぐらいに、Kさんと合流。
そこから、黄金崎へ向かいました。

今回から、現地サービスでも同じ様に体温測定する理由もある事から、ツアー参加の最初の段階で、「非接触型体温測定計」で確認する様にしました。

当日は、皆さんに潜りに行く前ですが天候状況の説明を致しました。
当日は、終日、雨が降る予報である事と、終日、北東風が吹く予報である事からも、浮島希望との事でしたが、
水面休息中の屋根のある施設が無いと、陸が寒い事もわかっていた事からも、雨にも強い黄金崎にしました。
結局、海洋公園へ潜りに行きませんでしたが、海洋公園は、潜水注意の海洋状況でした。

とりあえず、エントリーの楽な海を選定する理由から、黄金崎へ向かって、
朝9時ぐらいに黄金崎へ到着。ダイビング準備開始。

ダイビング前となりますが、黄金崎のビーチでシュノーケリングをしておりました。

●●1本目:黄金崎・砂地⇒砂地

 IN=10時38分
 OUT=11時29分
 潜水時間=51分
 最大水深=16.0メートル
 平均水深=10.6メートル
 透明度=20〜15メートル
 水温=24.8℃

 観た生物 : マダイのダイちゃん
          ツマジロオコゼ
          ニシキフウライウオ
ネジリンボウ
          ヒレナガネジリンボウ
          チンアナゴ
          コロダイの幼魚

●●2本目:黄金崎・砂地⇒砂地

 水面休息時間=1時間34分
 IN=13時03分
 OUT=14時01分
 潜水時間=58分
 最大水深=16.8メートル
 平均水深=9.0メートル
 透明度=20〜15メートル
 水温=25.0℃

 観た生物 : マダイのダイちゃん
          コロダイの幼魚
          ネジリンボウ
          ヒレナガネジリンボウ
          チンアナゴ
          カマスの群れ
          ソラスズメダイの群れ

黄金崎でのダイビングは、水温も高くて、透明度も良く、ほぼ終日、べた凪の海でした。
黄金崎の海では、クマドリカエルアンコウは、行方不明で観られなかったのが残念です。ツマジロオコゼ、ニシキフウライウオ、ネジリンボウは、観られました。
黄金崎ダイビング2本終了後は、恋人岬で「君だけプリン」を食べて、函南の「とりバックス」へ向かいました。

ちなみに、猫が、恋人岬の猫店長です。

最終的には、22時30分頃に、Nさんが自宅へ帰宅。
23時30分頃に、K松さんが自宅へ帰宅。
夜中0時過ぎには、K川さんが自宅へ帰宅。
夜中1時過ぎには、Kさんが自宅へ帰宅。
夜中2時過ぎには、Oも自宅へ帰り着きました。

今シーズンは、宿泊パターンの海オフばかりでしたので、久しぶりの日帰り海オフは、ピックアップ/送迎が大変です。

今回、土曜日は、黄金崎で2本を潜りました。
他のグループとのソーシャルディスタンスは、守りながらダイビングをして来ましたが、
今回の自分も含めた5名(Nさん、K川さん、K松さん、Kさん、O)は、同じ目標で動くグループとなり、
濃厚接触者となる事は、否めない状況でした。
そして、あれから、約2週間が経過して、参加された全員が元気です。


by oda

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://smdc.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/475

16 queries. 0.042 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress