■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2019 伊豆半島日帰りダイビングツアー(海洋公園)

乙姫海老
2019年6月8日(土曜日)   

伊豆半島日帰りの旅の幹事のOです。

68()となりますが、たぶん20代ぐらいの若者:お二人(Kさん、Aさん)と・・・伊豆半島の日帰りの旅と題して潜りに行って来ました。

●簡単に御報告を入れさせて頂きます。

前日の金曜日は、大雨。前線通過で日本列島が西の九州から崩れて関東まで大雨。

伊豆半島も、予報では、降水量が多く予報されており、

こりゃ、出来れば、狩野川に泥水が流れ込むのでは?

そうすると、西伊豆の大瀬崎にも川の泥水が流れ込む結果、透明度が落ちるのは?

やはり、大瀬崎には潜りに行きたく無い。

雨にも強い西伊豆の黄金崎かな。

そんな事も考えていたら、金曜日の海洋公園が、良好オープンとなっており、あれ、海洋公園も行けそうな雰囲気と感じてました。

金曜日の時点で、明日の土曜日の天気予報は、晴れ。西風予報。

金曜日の夜は、前線が通過して行くが、土曜日は、朝から西風予報。

●朝4時に自宅を出発。

●朝5時ぐらいに、相模大野近辺で、Aさんをピックアップ。

小田原近辺を通過する頃は、雨が降って来て・・・何だか雲行きが怪しい不穏な空気感の漂う状況でした。

早川を通過して、東伊豆の根府川の海が観えて来て、朝から西風になる予報の割に、根府川の海が静かで無い。

どう考えても、少し荒れ気味の海。静かで無い海。ちとやばい雰囲気の漂う海。

たぶん、雨も降っていて、この時点で北東風。天気予報の内容よりも実際の海の様子が悪い。

まあ、どちらにしろ、次のピックアップ場所の熱海駅へ向かうのみです。

●朝7時ぐらいに、本人からの御希望でもあった熱海駅にて、Kさんをピックアップ。

とりあえず、3人が揃ったので、どうするべきかお話を致しました。

先ずは、朝730分から、電話で現地の情報が聞ける海洋公園へ向かう事が決まり、伊東のマリンタウンを過ぎる頃には、朝730分となり、

現地の海洋公園へ電話したら、海洋公園の現地のスタッフである金子インストラクターが電話に出て、

海の様子を聞いたら、「問題が無く潜れますょ。」とのコメント。

更に、こちらからの応答としては、「まだ10本未満のダイバーばかりですが大丈夫そうですか?」

と、さらに聞き返したら、「経験本数が少ない方に対しては、やや厳しい海かも?」

と、お返事がかえって来た。べた凪の良好オープンの海では無い事が予想された。

再度、お二人に対しては、『今日、少し頑張って頂く事になるかも知れないが、男の子ですから、大丈夫ですよね?』と、都合の良い時の男の子扱いをしてみた。

まあ、本日の最初のメニューは、海洋公園のプールでシュノーケリングをする事から始めるので、

その間に、西風が吹いて行けば、小雨から曇りにかわって来ている事からも、

だんだんと海も落ち着いて行く傾向だから?そう思う様にしました。

★★★★★<海洋公園 : 到着>★★★★★

●朝8時過ぎぐらいには、海洋公園に到着。

やっぱり、少し荒れ模様。まあ、ある程度の経験本数の方ならば、問題が無い海でした。

20190608_海洋公園_集合写真01.JPG

とりあえず、準備開始。施設の紹介。

先ずは、軽器材、重器材のレンタルも含めた内容の確認。

ウェットスーツに着替えて、記念撮影。

この頃には、曇り空も・・・晴れて行きまして・・・ダイビングプールへ行く前に、記念撮影を実施。おニューのウェットスーツがまぶしいです。

20190608_海洋公園_集合写真02.JPG

●朝9時ぐらいから、約1時間程度のダイビングプールでのシュノーケリング。

ダイビングプールの施設で、簡単にシュノーケリング。

また、お二人ともに新規購入されたウェットスーツでしたので、適正ウェイトの確認。いろいろな種類のフィンのお試し。

マスクの1眼タイプと、2眼タイプの視野の確認。

とりあえず、いろいろと軽器材の確認を実施。

約1時間程度の確認をしていたら、かなりダイビングの感覚を取り戻して来ており、不安感も無くなって行った模様でした。

そんな頃には、海もだんだんと静かになって行きました。

★★★★★<1本目 : 海洋公園>★★★★★

●1本目のダイビング。

透明度=10メートルから4メートル。

水温=20.2度。

IN=1035

OUT=1121

潜水時間=46

最大水深=22.2メートル

平均水深=8.8メートル

観た魚は、クマノミ、ウツボ、トウシマコケギンポ

水面休息時間は、2時間21分。

まあ、無事に潜りおわりまして、カップヌードル等を食べたら、お二人は、天気も良いし、そよ風が気持ち良いとの事で、眠くなった模様。たっぷりと約1時間は、寝てました。

20190608_海洋公園_集合写真03.JPG

20190608_海洋公園_集合写真04.JPG

20190608_海洋公園_集合写真05.JPG

本当に長いお休みを気持ち良く過ごされてました。

もう少し、私の相手もして欲しかった。寂しがり屋の幹事でした。

★★★★★<2本目 : 海洋公園>★★★★★

●2本目のダイビング。

透明度=12メートルから4メートル。

水温=19.4度。

IN=1342

OUT=1424

潜水時間=42

最大水深=27.2メートル

平均水深=10.6メートル

観た魚は、クマノミ、ウツボ、トウシマコケギンポ、トラウツボ、イボイソバナガ二、オトヒメエビ。

20190608_海洋公園_イボイソバナガニ.JPG

<イボイソバナガニ>

20190608_海洋公園_オトヒメエビ.JPG

<オトヒメエビ>

今回の参加の皆さんが、もう少しダイビングに慣れたら、水深30メートル近辺には、下記の様なハナタツが居ましたので、こいつを観に行けることでしょう。

今回は、そこまでのスキル向上は、次回以降へ持ち込みですね。

20190608_海洋公園_ハナタツ.JPG

<ハナタツ>

今回は、そこまで潜りに行けませんでしたが、先日、潜って撮ったハナタツです。

★★★★★<海洋公園 : 出発>★★★★★

16時ぐらいには、器材もある程度、乾いて来たので、雨が降る前に、海洋公園を出発。

●ケニーズハウスのソフトクリーム

先ずは、ケニーズハウスのソフトクリームを食べに行きました。

やっぱり、美味しいです。ソフトクリーム。

20190608_海洋公園_集合写真06.JPG

1720分に、本人からの御希望でもあった熱海駅にて、Kさんの送迎完了。

Kさんは、お友達と新宿で19時頃からディナーを食べるとの事で、熱海駅から新幹線で帰宅するとの事でした。

寂しいです。

18時には、小田原漁港のわらべ菜魚洞に到着

Kさんは、熱海から先に帰宅してしまったので、Aさんと二人で、小田原漁港のわらべ菜魚洞へ食べに行きました。

ここは、お魚が美味しいところです。

でも、自分は、いつものポークしょうが焼き定食です。

20190608_海洋公園_集合写真07.JPG

<ポークしょうが焼き定食>

20190608_海洋公園_集合写真08.JPG

<煮魚定食>

2045分には、Aさんも送迎完了。

ここからは、ひとりでの帰宅。

22時前には、自宅へ帰宅。

以上の様な海洋報告となります。


by oda

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://smdc.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/441

16 queries. 0.051 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress